MENU

不倫・セフレ活動がバレない方法|少しでも安全に浮気したい既婚必見!

不倫・セフレ活動がバレない方法|少しでも安全に浮気したい既婚必見!

既婚者だけど、妻とはセックスレスで他の女性とセックスしたい。でも、不倫やセフレ作りはバレるのが不安で踏み出せない、、、

この記事は、そんなあなたに向けたものです。

僕も10年前は同じ思いを抱えていたので、不安な気持ちはよく分かります。しかし、このままでは一生セックスできないかもしれないと思い、意を決してセフレ作りや不倫活動を始めました。もちろん、バレないように細心の注意を払いました。

その結果、10年経った今でも一度もバレたことはありませんし、今でも気持ち良い思いを続けて、充実した毎日を過ごせています。

この記事では、不倫やセフレ活動をして10年間一度もバレたことがない僕が、バレないために注意すべき行動と方法をお教えします。

この記事を読むことで、バレる可能性が大幅に下がり、あなたはこれまでより安心して不倫やセフレ作りに取り組むことができるでしょう。

もちろん、不倫は自己責任ですが、このバレない方法を実践して、僕と同じように他人の女性と充実した生活を手に入れてくださいね!

目次

不倫・セフレ活動がバレてしまうの人の特徴6つ

青いドレスの巨乳な人妻セフレ

不倫・セフレ活動でバレてしまう人は以下の6つの特徴があります。

  1. 違和感のある行動をとる
  2. スマホの管理が甘い
  3. 匂いに注意していない
  4. 物的証拠を残してしまう
  5. 知り合いからの目撃やチクリ
  6. 家庭の予定をないがしろにする

違和感のある行動をとる

不倫やセフレ活動を行う際、普段とは異なる行動をとることでパートナーに不信感を抱かせることがあります。

例えば、急に外出が増えたり、電話やメッセージに対する反応が過敏になったりすることが挙げられます。また、急に服装や身だしなみに気を遣い始める、いつもとは違う時間帯に外出するなど、パートナーが「おかしい」と感じる行動が増えると、自然と疑われやすくなります。

こうした違和感を最小限に抑えるためには、日常の行動パターンを大きく変えず、なるべく自然に振る舞うことが重要です。

スマホの管理が甘い

スマホは現代のコミュニケーションの中心であり、メッセージのやり取りや通話履歴、写真など、プライベートな情報が詰まっています。

不倫やセフレ活動を行う場合、スマホの管理が甘いと、これらの情報がパートナーに見られてしまい、簡単にバレてしまいます。例えば、ロックをかけずにスマホを放置したり、通知をそのまま表示させたりすることが危険です。

確実にバレないようにするためには、スマホに厳重なロックをかける、通知を非表示にする、定期的にメッセージや通話履歴を削除するなど、徹底した管理が求められます。

匂いに注意していない

不倫やセフレ活動の後、普段とは異なる匂いが身体や衣服に残っていることは、パートナーに疑われる大きな要因となります。

特に香水やタバコの匂いは非常に強く、簡単には消えません。また、女性の化粧品やシャンプーの匂いなども同様です。

こうした匂いは、普段からパートナーが気づきやすいポイントですので、活動後は必ずシャワーを浴びる、服を着替える、匂いを消すためのスプレーを使うなど、徹底した対策が必要です。

匂いに対する細やかな注意が、バレるリスクを大幅に減らすことにつながります。

物的証拠を残してしまう

不倫やセフレ活動の後、うっかりレシートや写真、メールのやり取りなど、証拠となる物を残してしまうと、それがバレる原因となります。

特に、ホテルのレシートやデートの写真、プレゼントの購入履歴などは、パートナーが見つけやすいものです。これらの物的証拠は、活動の痕跡を明確に示すものであり、見つかった時点で言い逃れが難しくなります。

したがって、証拠を残さないように注意することが重要です。不要なレシートや写真はその場で処分し、メールやメッセージの履歴も定期的に削除する習慣をつけましょう。

知り合いからの目撃

不倫やセフレ活動を行う際、知り合いや友人に見られてしまうことが、バレるリスクを大きく高めます。

特に、外出先でのデートや公共の場での接触は危険です。知り合いに見られてしまうと、その情報がパートナーに伝わる可能性があります。

したがって、活動する場所や時間帯を慎重に選ぶことが重要です。なるべく人目に付かない場所を選び、知り合いに会うリスクが低い時間帯を選ぶなどの工夫が必要です。また、変装や他人の目を気にする態度を取ることもリスク軽減に役立ちます。

家庭の予定をないがしろにする

不倫やセフレ活動に夢中になるあまり、家庭の予定や約束を軽視すると、パートナーに不審を抱かれる原因となります。

例えば、家族との予定を突然キャンセルしたり、重要なイベントに遅刻したりすることが続くと、パートナーは「何かおかしい」と感じるようになります。家庭の予定を大切にし、家族との時間をきちんと守ることが、不倫がバレないための基本です。

また、活動を行う際には、家庭の予定と重ならないように事前にスケジュールを調整し、バレるリスクを最小限に抑える工夫が必要です。

不倫・セフレがバレない20個のルールと行動

白い服を着た豊かな胸のセフレ

既婚の僕が10年バレずに不倫・セフレ活動ができている、20個の行動ルールをお教えします。

  • たまに遅く帰る日を作る
  • 返信はすぐ返さない
  • 家族の予定を第一にする
  • 普段から身なりに気をつける
  • 帰ったらまずシャワー
  • 香水はつけないでもらう
  • シャワーはボディソープをつけない
  • スマホはロック
  • GPSは常にオフ
  • アプリ版は入れない
  • はじめに既婚者であることを伝える
  • 生活圏内で会わない
  • 泊まりはしない、遅い時間に会わない
  • 期待させ過ぎない
  • プレゼントはしない
  • 会う時に外した指輪ははめて帰ることを忘れない
  • クレジットカードは使わない
  • 仲の良い親友でも絶対言わない
  • 写真の管理
  • 安全な出会い系サイトを使う

たまに遅く帰る日を作る

普段から全く同じ生活リズムで過ごしていると、女性と会った日のわずかな行動の違いに勘づかれやすくなります。

その中の一つが帰宅時間です。いつも全く同じ時間に帰ってくるのに、少し遅くなると、奥さんは「何か今日は変わったことがあったのかな?」と、言葉に出さなくてもあなたの行動を注意深く観察する可能性があります。

日頃から帰宅時間が異なるのであれば、疑いを持たれることはありませんし、違和感を感じさせずに済みます。

僕は仕事柄、帰宅時間はバラバラなのであまり心配はしていませんが、たまに時間を潰して家に帰る日を作り、違和感を持たれないようにしています。

返信はすぐ返さない

帰宅時間と似た話になりますが、家族からのLINEやメールに即レスしないことも大切です。

いつもすぐに返信しているのに、セフレや不倫相手と会っている時に限って返信が遅くなったり、既読がつかなかったりすると、「あれ、どうしたのかな?」と違和感を持たれてしまいます。

普段からの連絡のやり取りでも、急ぎの用事でなければ時間を空けて返信する習慣をつけましょう。例えば、仕事中や移動中など、手が離せない時間帯に返信を遅らせることを意識することで、急な返信遅れが不自然に感じられず、奥さんへの疑念を避けることができます。

また、定期的に返信のタイミングを変えることで、自然な行動パターンを維持することができます。さらに、返信が遅れる理由をあらかじめ用意しておくと、万が一の際にスムーズに説明できるため、信頼関係を損なわずに済むでしょう。

これらの工夫を日常的に実践することで、より安心してセフレや不倫相手との関係を続けることが可能になります。

家族の予定を第一にする

どうしてもセックスしたいからと言って無理に会う予定を入れてはいけません。我々既婚者は家庭の予定を最優先すべきです。

無理して会うと、時間への焦りも出てくるのでロクなことはありません。僕もセフレ活動を始めたころ、無理にセフレと会う予定を入れてしまい、会っている間も時間ばかり気になって後悔したことがあります。

家庭のイベントや用事がある日は、セフレや不倫相手と会うのを控え、家族サービスに全力を尽くしましょう。家庭の予定を第一にする姿勢を見せることで、家族への誠実さを示すことができ、疑念を抱かれにくくなります。

家庭とのバランスを取ることが、長期的に安定した関係を維持するための鍵となりますので、会いたくなっても我慢しましょう。

普段から身なりに気をつける

セフレや不倫相手に会う日だけ、やたらと身なりを気にすると、かなり違和感をもたれます。「あれ、今日は誰かと予定でもあるのかな?」と一発で分かってしまいます。

これを避けるためには、高い服や特別な服を「ここ一番」で着るのではなく、日頃から着ておくことが重要です。整髪や身だしなみも、特定の日だけ気にするのではなく、普段から整えておくことで、いざ会う時も自然に見えます。

例えば、毎日髪型を整える、清潔な服を着る、靴を磨くなどの習慣をつけることで、奥さんに対して一貫したイメージを保つことができます。

普段から身なりに気を配ることで、不倫やセフレ活動の日も特別な行動として目立たず、疑われるリスクを減らすことができます。

帰ったらまずシャワー

これも重要です。セフレや不倫相手とセックスした日は、早く匂いを消すことが大切です。匂いはもっとも注意を払うべき点であり、相手の匂いが残ると簡単にバレてしまいます。

セフレや不倫相手と会った日に限って帰宅後すぐにシャワーを浴びると、パートナーに違和感を持たれます。そのため、普段から家に帰ったらまずシャワーを浴びる習慣をつけておくことが重要です。さらに、シャワーを浴びることでリフレッシュし、自分自身も落ち着いて家庭に向き合うことができます。

例えば、帰宅後にシャワーを浴びるだけでなく、着替えをしてリラックスする時間を持つことで、日常の一部として自然な行動パターンを確立しましょう。このようにして、日常的にシャワーの習慣をつけることが、不倫がバレるリスクを減らす大きな助けになります。

香水はつけないでもらう

香水の香りは時間が経ってもなかなか消えません。セックスで強く抱き合うと、その香りがしっかりと残ってしまいます。良い香りだからこそ、女性の影を一層醸し出してしまうのです。

そのため、僕は女性と会う時、事前に「香水はつけないで来て欲しい」とお願いしています。ほとんどの女性はこの要望を理解してくれ、配慮してくれます。

自分にとってもバレない行動を取ってもらえることは非常にプラスになりますし、長く付き合いたいという意向を伝えれば、女性も同意してくれることが多いです。また、香水だけでなく、強い匂いのするボディローションやヘアスプレーも控えてもらうとさらに安心です。

このように事前にきちんとお願いをすることで、余計な心配を減らし、リラックスして時間を過ごせます。相手に対して誠実なコミュニケーションを図ることで、お互いにとって良い関係を維持しやすくなります。こうした小さな配慮が、不倫がバレるリスクを大幅に減らす効果的な手段となります。

シャワーはボディソープをつけない

ホテルでシャワーを浴びる際、ボディソープを使わないようにすることも重要です。ホテルのボディソープは普段使っているものとは異なる香りがするため、その匂いが身体に残ると自宅で不自然に感じられる可能性があります。

お湯で流してタオルで拭くだけでも十分に汗や汚れを落とせますし、余計な香りを取り除くことができます。特に、セフレや不倫相手と会った後にすぐ家に帰る場合は、この注意が必要です。

こうした細やかな配慮が、不倫やセフレ活動がバレるリスクを減らし、安心して帰宅するためのポイントとなります。

スマホはロック

スマホのロックは必ずかけておきましょう。不倫がバレる大きな要因の一つは、スマホを見られることです。「うちの嫁はスマホを見たりしないから大丈夫」と思っていても、ある日突然見られることもあります。ロックをかけることは保険になりますから絶対に必要です。

ロックをかけておかないと、常にスマホを持ち歩いていなければならず、逆に不自然な行動が目立つことになります。今、ロックをかけていない人は、クレジットカードを登録しているからセキュリティ対策のため、という理由をつけて設定するようにしましょう。

また、通知がロック画面に表示されないように設定することも大切です。これにより、メッセージや通話履歴が見られるリスクを減らせます。

スマホの管理を徹底することで、安心して日常を過ごせるでしょう。

GPSは常にオフ

スマホのGPS機能はとても便利で、初めて行く場所を探す時にもよく使います。しかし、GPSであなたの居場所を知らせる行為は非常に危険です。

セフレや不倫相手と会う時だけオフにするのではなく、常にオフにしておき、必要な時だけオンにする習慣をつけましょう。例えば、目的地に着いた後にGPSをオフにすることで、位置情報がリアルタイムで追跡されるリスクを減らせます。

さらに、iPhoneを使用している場合、「iPhoneを探す」機能もオフにしておくことが重要です。これは、パートナーがあなたの位置情報を確認する手段となり得るからです。設定方法としては、設定メニューから簡単にアクセスできますので、一度設定を確認してみてください。

また、家族やパートナーが共有する位置情報アプリを利用している場合も注意が必要です。これらのアプリをオフにするか、利用を停止することで、位置情報が知られるリスクをさらに減らすことができます。

常にGPSをオフにしておくことで、不倫やセフレ活動がバレるリスクを大幅に低減させ、安心して行動することが可能になります。

アプリ版は入れない

僕はセフレや不倫相手は出会い系サイトから探す方法を使っていますし、この方法が既婚サラリーマンには適していると思っています。ですが、出会い系アプリ、マッチングアプリは絶対にインストールしてはいけません。代わりにWEBブラウザ版を使用してください。

なぜなら出会い系アプリやマッチングアプリのアイコンがスマホに表示されると、それを見られた時点で使用していることがバレてしまい、言い訳の余地もなくなるからです。スマホにロックをかけているから大丈夫と思っていても、絶対にバレないようにするためには、念には念を入れるべきです。

このブログ内で紹介している出会い系サイトのリンクから登録していただければ、すべてWEB版の登録ページにアクセスできるため、間違えてアプリをダウンロードしてしまう心配はありません。

はじめに既婚者であることを伝える

出会い系でセフレと知り合う際に、既婚者であることを隠して知り合う人がいます。また、他のサイトでは既婚者であることを隠した方が成功すると煽っているものも多く見受けられます。しかし、これは絶対にやめておいた方がいいです。女性に過度な期待を持たせると、後でトラブルのもとになることが多いからです。

セフレや不倫であっても、相手のことを思いやる姿勢が信頼を生みます。最初から既婚者であることを正直に伝えることで、相手も状況を理解した上で関係を築くことができ、お互いに安心感を持って付き合うことができます。例えば、初めてのメッセージや会話の中で、結婚していることを明確に伝えると良いでしょう。これにより、相手が後から驚いたり失望したりすることを防げます。

また、誠実な姿勢を見せることで、長期的な信頼関係を築くことができ、トラブルを避けることができます。セフレ・不倫関係といっても最終的には誠実さが双方にとって最も良い結果をもたらします。

生活圏内で会わない

これは基本中の基本ですが、普段あなたや奥さん、家族が活動するような場所で会うことは絶対に控えるべきです。見られたら現行犯となり、言い訳の余地がありませんし、ビクビクして会っても楽しくありません。

セフレや不倫相手と会う際は、普段活動しない場所を選ぶことが重要です。例えば、普段降りない駅や駐車場で待ち合わせると良いでしょう。また、地元のショッピングモールやレストランではなく、他の地域の施設を利用することでリスクを減らせます。これにより、偶然知り合いに会う可能性を大幅に減らし、安心してデートを楽しむことができます。

さらに、事前に会う場所の候補をいくつかリサーチしておくと、急な変更が必要になった場合でもスムーズに対応できます。普段の生活圏から離れた場所でのデートは、リスク管理の基本です。こうした配慮を徹底することで、不倫やセフレ活動がバレるリスクを最小限に抑え、心からリラックスした時間を過ごすことができるでしょう。

泊まりはしない、遅い時間に会わない

既婚者である以上、泊まりで会うのは避けるべきです。同様に、あまり遅すぎる時間に会うことも控えましょう。

僕はどんなに遅くても夜9時までには解散するようにしています。できれば午後に休みを取り、昼間に会うことがバレないコツです。

昼間に会うことで、家庭での疑念を招くリスクが減り、またライバルも少ないため出会える可能性も広がります。昼間のデートは、夜に比べて人目につきにくく、自然な行動の一環として受け入れられやすいです。

遅い時間に会うと、帰宅が遅くなり家庭での不審を招くことになりますし、泊まりを避けることで、不自然な行動や言い訳をしなくて済みます。例えば、友人宅に泊まるという言い訳を繰り返すと、いずれ不信感を抱かれる可能性が高まります。昼間に短時間で会うことで、生活リズムを崩さず、自然な形で関係を楽しむことができます。

こうした工夫を取り入れることで、不倫やセフレ活動がバレるリスクを最小限に抑えられます。

期待させ過ぎない

セフレや不倫相手に過度の期待を持たせてはいけません。特に、あなたがセフレや不倫相手と本気ではなく、遊びの関係を続けたいと考えている場合は尚更です。

女性はセックスを通じて相手に恋愛感情を持ちやすくなる傾向があります。そのため、思わせぶりな態度をとると、「この人と結婚できるかも」と勘違いされ、本気になってしまう可能性があります。

気持ちが高まると、つい将来の話をしたり、思わせぶりな態度をとりたくなるかもしれませんが、ここは線を引いて自分を守ることが重要です。例えば、将来の計画や長期的な約束は避け、その場限りの楽しみに留めるように心掛けましょう。相手に対しても誠実であることが、長期的なトラブルを避ける鍵となります。

期待を持たせないことで、相手も状況を理解し、お互いに心地よい関係を保つことができます。このようにして、感情的なトラブルを避けつつ、関係を楽しむことができるでしょう。

プレゼントはしない

どんなに親しくなっても、秘密の関係ですので、形に残るもののやり取りは絶対に避けるべきです。特に誕生日や特別な記念日には、プレゼントをあげたくなるかもしれませんが、どこから足がつくかわかりません。

あなただけでなく、相手が既婚者の場合、持ち帰ったプレゼントが相手の家族に見つかるリスクもあります。プレゼントが原因でバレることは、思いがけないトラブルを招く可能性が高いです。

気持ちは言葉で伝えたり、一緒に過ごす時間や食事など、形に残らない方法で表現しましょう。例えば、特別なレストランでのディナーや短時間の旅行などが良い選択です。これにより、お互いの関係を楽しみつつ、リスクを最小限に抑えることができます。

また、プレゼントを避けることで、関係がシンプルで軽やかなものに保たれ、余計な問題を引き起こす心配が減ります。形に残らない方法で気持ちを伝えることで、お互いに安心して関係を続けることができます。

会う時に外した指輪ははめて帰ることを忘れない

既婚者であることを伝えていても、指輪を外して会う人もいるでしょう。僕は以前、指輪をして会って失敗したことがあるため、それ以降は指輪を外して会うようにしています。

しかし、帰宅する際に外した指輪をつけるのを忘れて焦った経験があります。外す時は「帰りには指輪をつけよう」と思っていても、つい忘れてしまうことがあるものです。特に急いでいる時や気が緩んでいる時には注意が必要です。

指輪を外して会う場合は、帰宅前に必ず指輪をつける習慣をつけましょう。例えば、スマホのリマインダーを設定する、指輪を目立つ場所に置いておくなど、自分なりの工夫をすると良いです。

僕はもう、普段から指輪を外しています。これにより、指輪を外したりつけたりする手間を省いて、自然な状態で過ごせています。

クレジットカードは使わない

普段の買い物でクレジットカードを使用している人は、特に注意が必要です。

セフレや不倫相手と会っている時にクレジットカード払いをしてしまうと、履歴が残ってしまいます。普段行かないような場所で買い物の履歴があると、例え少額でもパートナーに違和感を持たれる可能性があります。書面でも物理的にも跡形を残してはいけませんので、徹底しましょう。

僕はセフレや不倫相手と会う時は、必ず現金払いをしています。これにより、履歴が残らず、疑念を持たれるリスクを避けられます。また、ポイントカードも出さないようにしています。ポイントカードの使用履歴も同様に追跡される可能性があるためです。

現金払いを徹底することで、無駄なリスクを避け、安心して時間を過ごすことができます。

仲の良い親友でも絶対言わない

不倫相手やセフレができると、これまでの生活とは一変し、毎日が確実に楽しくなります。中年でもウキウキ、ドキドキが味わえて、身体だけでなく心も気持ち良くなります。そうなるとつい他人にも話したくなるかもしれませんが、絶対に我慢してください。

不倫の話題は多くの人にとって興味深いネタであり、どこで話が広がるか分かりません。会社の噂になったり、最悪の場合、奥さんの耳に入ってしまうこともあります。

どんなに仲が良い親友であっても、絶対に喋ってはいけません。秘密を守ることが、あなたの関係を守るための最善策です。

親友に話すことで、意図せずに他の人に漏れてしまう可能性が高まります。噂話は思いがけないところで広がり、あなたの生活に大きな影響を与えることになります。

写真の管理

写真は物的証拠になるため、特に注意が必要です。

スマホの標準写真ライブラリなど、普段の写真と同じ場所に保存していると、バレる危険が大きいです。できればセフレや不倫相手の写真は撮ること自体を避けるべきですが、どうしても撮りたくなる場合もありますよね?

僕はセフレや不倫相手の写真は専用のアプリを使って別で保管しています。「Key」というアプリを使用し、パスワードをかけて管理しています。予定が合わずなかなか会えない時でも、こっそりセフレのおっぱい写真を見て楽しんでいます。

写真の管理を徹底することで、不倫やセフレ活動がバレるリスクを最小限に抑え、安全に楽しむことができます。

安全な出会い系サイトを使う

安心で信頼できる出会い系サイトを使いましょう。

僕がおすすめする出会い系サイトは、登録して10年以上になりますが、情報が漏れたり、電話がかかってきたりして困ったことは一度もありません。おかげで安心してセフレや不倫活動を続けられています。

安全なサイトを選ぶ際には、長期間運営されている信頼性の高いサイトを選ぶことが重要です。また、個人情報の取り扱いについてもしっかりと確認しましょう。例えば、プライバシーポリシーが明確に記載されているサイトを選ぶと安心です。さらに、怪しい広告やスパムメールが届かないようにするため、登録する際には専用のメールアドレスを使用することもおすすめです。

これらの対策を講じることで、プライバシーを守りつつ、安全に出会い系サイトを利用することができます。信頼できるサイトを利用することで、安心して新しい出会いを楽しむことができるでしょう。

↓↓僕が10年間使ってきた安全、安心な出会い系サイトは、以下の記事で紹介しています。

既婚者がセフレ・不倫相手を作る方法を徹底解説|不倫セックスしたい!

不倫・セフレ活動がバレない方法のまとめ

ベッドに横たわるセフレ

不倫やセフレ活動がバレないためには、細心の注意が必要です。

今回、バレないための20のルールと行動を紹介しましたが、共有するのは奥さんに違和感を持たせないってことですね。特に本人では自覚しにくい、匂いや行動パターンなどは「あれ?今日は何かあったのかな?」と小さな疑問を持たせてしまい、それが積もるとあなたの行動を注意深く観察されるようになるため、バレるきっかけへと発展していきます。

あなたも20のルールを心掛けて行動することで、バレるきっかけを事前に防ぎ、僕と同じように不倫、セフレ活動をこっそり楽しみましょう。

↓僕が10年間セックスできている、不倫・セフレ相手の作り方は、以下の記事でこっそり紹介しています。↓

既婚者がセフレ・不倫相手を作る方法を徹底解説|不倫セックスしたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次